まき&ららファミリーのPHOTO BLOG

先代犬「らら」から始まったマルチーズとの生活♥

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母の日

※ 今日の記事は思いついたまま書いてるので話の順序がバラバラです


昨晩はスーと一緒にひとつの部屋で家族揃って寝ました。
成人してる息子も一緒に。

とても穏やかな顔をしていて気持ちよく眠ってるようにしか見えません。
息遣いが聞こえてきそうです。


ここまでよく頑張ってくれたと思います。
沢山、沢山、褒めてあげました。

一見、おっとりさんで人が大好きで嬉しいとクルクル回り
とても可愛い女のコでした。
でも
わんこには強く我が家の女番長でした。
何事にも動じず肝が据わってて芯の強いコでした。

のんをお迎えした時は教育係に
ももをお迎えした時は上手に遊んであげる優しいお姉さんに
とわとも上手に遊んであげてました。

おねえさんとしても100点満点でした。




遡ること
2002年5月12日(日)
先代犬ららが帝王切開で出産しました。
ラリーブリスロイ(私の実家へ)

この日は「母の日」でした。

b512.jpg


一番、大きかったのがブリスでした。
女のコが欲しかったのでとても嬉しかったです。
aka512.jpg

今は更新していないHP「RARA’S ROOM
BABY ROOMの成長記録をよかったら見てくださいね



そして誕生から14年後
ブリスが逝ってしまった2016年5月8日(日)も「母の日」でした。
この日、13歳11ヶ月26日の生涯に幕を下ろしました。
あと4日で14歳のお誕生日でした。



亡くなった日
カテーテルやチューブが付いたままのスーが可哀想で
掛かり付けの病院へ連れて行き外してもらいました。
外す処置を終え主治医の院長先生がスーを抱えて
連れて来て優しく私の腕の中へ渡してくれました。
14年前
スーが誕生した時、待合室で待ってた私に
「はい、女のコです。摩っててくださいね」と手渡してくれたのも
当時、開業前の別の病院で勤務医だった院長先生だったのです。
スーの誕生の時も、最後の処置をしてくれたのも偶然にも院長先生でした。
最後まで一生懸命、手を尽くしてくれた院長先生には感謝の気持ちで一杯です。




昨日は汚れたところを洗い
最後のカットとブラッシングをしました。

闘病生活を送ったコとは思えないほど穏やかな顔をしていて
微笑んでいるのです。
その写真をお友達に見せたら
「もう、ららちゃんに会って嬉しそうにしてるみたいー」って。
そっか、
そうなんだ。
ららに会えて嬉しくって微笑んでるんだって思いました。
スーが亡くなってすぐ、寂しくないようららの骨壺を側においてあげてたから。

そう思ったら安心しました。
ららが側に居るから大丈夫

そして
この微笑みがスーから私への「母の日の贈り物」に思えました。




明日、11時頃にららの時と同じペット霊園の方が自宅に来てスーを綺麗にしてくれます。
それから棺に入れて、スーを預けて火葬してもらいます。

明日が居なくなってしまう本当のお別れです。
寂しく悲しいのは私達だけかな・・・?
スーは、ららと一緒にいられるから喜んでるかな?
その方がいいね



最後に綺麗にしてあげた時の写真です。
亡くなってからの写真なので、一応、サムネイルにしました。
見れる方はクリックして大きくして見てください。
とても穏やかな表情で、にっこり微笑んでるんです。
















IMG_9573.jpg


IMG_9576.jpg


IMG_9582.jpg


IMG_9583.jpg


IMG_9585.jpg












ポチっと応援よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

| ブリス闘病記 | 23:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スーちゃん幸せな犬生ですね~♪
ずっとお母さんと姉妹で過ごせたのですから。
安らかな寝顔ですね。

| パールどんと琥珀の父 | 2016/05/10 21:24 | URL | ≫ EDIT

パールどんと琥珀の父さん

そう言って頂きありがとうございます。
私もスーに沢山の幸せを貰いました。
最後は笑顔で逝ってくれたので
ホッとしました。
パールどんと琥珀ちゃんのブログも拝見してました。
昨日は一周忌・・・
色々な想いが込み上げてきますね。
その寂しさを琥珀ちゃんが癒してくれますね。

| まき | 2016/05/12 08:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makirara.blog58.fc2.com/tb.php/1064-fdcd58ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT